知財はあなたのビジネスを簡単にする

この記事は2021/8/18に公開しました

知財戦略とは具体的に何をすることなのだろうか?


進むコモディティ化(その他大勢の商品)


 ある男が、お手製の革ベルトを持って地元の雑貨店にこの商品を店に置いてくれないかと持ちかけました。雑貨店の店主はこれを断りました。諦めきれない男はフリマアプリに自慢の革ベルトを出品し、いくばかりのお金を手にしました。2ヶ月後、男は逮捕されました。罪名は不正競争防止法違反。男の売った自慢の革ベルトには、有名スポーツブランドの特徴的な図柄をあしらったバックルが堂々と正面を向いていたのです。警察の取り調べにおいて男は、こう供述したそうです。

所詮ただのベルトです。この時代、少しでも目立たないとビジネスの世界では売れないんです。

 近年、日用品に限らずあらゆる商品・サービスの質が向上し日本国内で購入できる商品やサービスであれば、最低限の性能は確保されるようになりました。性能に限らず、品質・ブランド・全てにおいてどんどん差がなくなってきています。これを商品やサービスのコモディティ化(その他大勢)と言います。それでも、よく売れる商品、よく売れるブランドというものは確かに存在します。それは一体何が違うのでしょうか。

価格を16倍に引き上げたわずか6枚のシール


 三宮にあるアニメグッズ売り場に人気キャラクターのシールを貼り付けた水筒が売られていました。価格は1600円。100均で売られていてもおかしくない透明の水筒に、ただ人気キャラクターのシールが6人分貼り付けられているというだけで1600円。これは極端な例ですが、ここで「これが物の価値か!」と頷けたあなたにはビジネスセンスがあります。そう、これが物の価値です。そして、このただの透明の水筒を1600円の商品に化けさせたものの正体が知的財産であり、これが知財の力です。
 弁理士はそんな知的財産の活用を法律面からサポートするビジネスの専門家です。

コモディティ化の時代に頭ひとつ抜きん出る秘策を


 特許事務所はたくさんあります。弁理士も1万人以上います。もしかしたら既に他の弁理士に仕事をお願いしたことがある方もいらっしゃるかと思います。その中であなたが私に仕事をお願いするとしたら、その理由は何でしょうか。それは明白です。私には最高の知的財産戦略があるからです。「先生にとって最高の知財戦略とは何ですか?」と問われたら、私は即座にこう答えます。

商品が売れやすく、多くの人に認知され、事業を拡大しやすいように、販売前からあらかじめ準備をしておく活動全てが最高の知的財産戦略と考えて間違いありません。

 あなたが最高の知的財産戦略であなたのビジネスを簡単かつ確実にグレードアップしたいなら、ぜひ私にお仕事をお任せください。もし他の弁理士と迷っておられるなら一度その先生に「先生にとって最高の知財戦略とは何ですか?」と尋ねてみてください。きっと、あなたのビジネスは最高の知的財産戦略で飛躍的な進歩・発展を遂げることになること間違いありません。

フィラー特許事務所
弁理士 中川真人

知的財産であなたの事業はこう変わる

経営者(弁理士)紹介

 

中川 真人(なかがわ まさと)

1980年 岡山県生まれ
2003年 神戸大学理学部化学科卒
2021年 令和2年度弁理士試験合格
2021年 弁理士登録
2021年 フィラー特許事務所開業

略歴

 複数のメーカーでスタートアップ事業の補助・参画を経験しつつ、2021年に令和2年度弁理士試験に合格。最高の知的財産戦略として「商品が売れやすく、多くの人に認知され、事業が拡大しやすいように、販売前からあらかじめ準備をしておく活動」を推奨し、スタートアップ事業のサポート、知的財産活用の啓蒙活動を専門的に行うべく、弁理士登録と共に専用の特許事務所を開業。
 自らもスタートアップ事業者として、弁理士試験合格前から構築していた最高の知的財産戦略を活用し、事業の拡大と健全でフェアな競業秩序の維持・発展に貢献することを専門家としての使命としている。

フィラーの由来

 セメントに砂利を混ぜるとコンクリートになります。このように、もともとある素材に何か別の種類の材料を少量添加することでその素材の性能を急激に向上させる働きがある素材のことを「フィラー」といいます。知的財産戦略は事業の主役ではありません。事業の主役は開発者、企画者(クリエイター)の創作された創作物(プロダクト・サービス)に他なりません。
 それらの市場価値を飛躍的に向上させるフィラーとして知的財産戦略を組み込んでいただきたく、事務所の名称を「フィラー特許事務所」と名付けました。ロゴマークとして使用しているくびれた柱のようなものはフィラーの効果を確かめるために使用するサンプル試験片(ダンベル3号)を模したもので、3本並べた理由は「最低でもn=3は評価・確認しなさい」という業界の常識を表しています。


9月30日で受付終了|コロナ禍緊急支援

ご好評につきこのキャンペーンは9月30日で受付を終了します

スタートアップ関連事業の商標登録出願を報酬込み¥10,000-で引き受けます


 アフターコロナに向けて新しい事業を計画されているあなたへ特別のお知らせがあります。コロナ禍緊急支援といたしまして、あなたのスタートアップ関連事業の商標登録出願を報酬込み¥10,000-でお引き受けいたします。
 私も大変なタイミングで弁理士登録をすることになりました。そこで、皆さまの起業を全力で応援しアフターコロナに向けて皆さまと共に協力して新しい産業の発達に貢献すべく、2つの特典を用意して皆さまのご利用をお待ちしております。
 対象の商標は、現段階で使用をしておらずこれから使用を始める商標、または使用を始めてまだ1年を経過していない商標とさせていただきます。



最高の知的財産戦略でブランドを立ち上げよう

 

あなたの商品が「その他大勢」と言われないために


 新しい事業の立ち上げ時は、今後の事業展開を見越した知的財産戦略を組み込む最もよいタイミングです。販売前からあなたの事業にあらかじめ知的財産戦略を組み込んでおくことで、コモディティ化を回避し、他社との差別化を図り、独自のブランドを構築する足掛かりをつけることができます。
 あなたの新商品・新サービス・新規事業が数多くの似たような同業他社の海に埋れてしまわないために、あなたが取り得る知的財産戦略とは一体どのようなものがあるのでしょうか。まずは、日本の法律がどのように作られているのかを確認し、販売前に私たちは何をしておくべきなのか、これから解説いたします。





特許庁に特許・意匠・商標登録出願をする

 

この時代、特許だけで保護すれば本当に万全なのか?


 従来「技術は特許、特許が一番」という考え方が主流でした。しかし、それは製造業を主力産業とした高度経済成長期に確立された考え方です。サービス業を始め第三次産業を中心に経済が回る今日では、必ずしも「技術は特許、特許があれば大丈夫」ということは言えなくなってしまいました。
 特に日本では特許を格別視する傾向が根強く、それが災いしてかつては世界を席巻した機械工学技術、そしてIT関連技術の国際的な優位性を急速に失うことになってしまいました。フィラー特許事務所はここに疑問を投げかけます。あなたの事業特性に応じた独自の出願スタイルを個別に企画・立案することで、あなたの事業の拡大・成長に資する時代の変化に応じた権利取得を一緒に目指しましょう。




無料の知財制度説明会を利用する

週あたりの工数に限りがございますので、お早めのご予約をお勧めいたします。

45分、まずは弁理士とお話をしてみませんか?


 知的財産について興味はあるけど正直何から相談すれば良いのかわからない、近くに特許事務所がないから相談できる弁理士がいないといったお悩みをお持ちの方は、オンラインによる無料の知財制度説明会を利用してまずは弁理士とお話をしてみませんか?
 ご希望の曜日と時間帯をお知らせいただければ、最短の日時を設定してフィラー特許事務所からあなたに面談可能日時をお知らせいたします。最高の知的財産戦略について詳しい話を聞いてみたい、雰囲気が立派すぎる事務所ばかりで相談するのに気がひけるというお悩みも含めて、私にお話を聞かせてください。
月・木:14:00〜22:00(先着順)
隔週土:10:00〜13:00(先着順)
面談方法:FaceTime、Zoom、Teamsのいずれか





事務所概要


事務所名 フィラー特許事務所
代表者 中川 真人(弁理士)
設立 2021年8月
所在地 〒530-0001
大阪市北区梅田2−2−2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階
連絡先 front@filler.jp
06-6133-4241
技術分野 化学(素材・高分子材料)
事業内容 特許出願、意匠登録出願、商標登録出願の代理
教材の販売、知識の教授
知的財産活用に関する啓蒙、情報発信

コンタクト


アクセス 外部リンク:THE HILTON PLAZA
JR大阪駅、各線梅田駅からヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階までお越しください。駐車場をご利用の場合の駐車料金は各自ご負担ください。

電話受付 受付: 10:00~17:00(※土日祝除く)
専任のオペレーターが対応いたしますのでお名前とご用件をご連絡ください。ご希望の下記の時間帯のいずれかで追ってこちらからおかけ直しいたしますので、オペレーターにお伝えください。
・15:00~17:00
・19:00〜21:00
連絡方法 面談(ヒルトンプラザウエストビル内)の他に、
・電話
・FaceTime
・Zoom
・Teams
に対応しております。(※LINEは対応しておりません)

よくある質問


Q 料金はいくらですか?
ご提案するサービスに応じた定価を設定しております。
詳しくは各サービス毎に掲載しております定価表をご確認ください。
Q オンラインによる相談は可能ですか?
JR大阪駅前のヒルトンプラザウエストビルでの対面相談のほかに、FaceTime、Zoom、Teamsを使用したオンライン面談の環境を整えております。
機密情報を扱う際は、安全のためオンラインによる相談をお勧めしています。
Q 対応技術分野はありますか?
専門の技術分野は化学(素材・高分子化学系)になります。特許事務所は専門の技術分野に応じて他の弁理士・特許事務所を紹介することが多いため、場合によっては大阪に限らず東京を含め得意な弁理士をリサーチし、私から発明の特徴等を説明した上でご紹介することも可能です。
ご自身で探されるよりも圧倒的に高品質な専門家を探すことができますので、素材・高分子化学系に限らず知的財産についてお悩みがある方はフィラー特許事務所までご相談ください。
Q 料金の支払い方法について教えてください
現金による銀行振り込みに加え、各種クレジットカードによる決済もご利用いただけます。
銀行振り込みは三井住友銀行梅田支店宛をお願いしております。

Q プライバシーポリシーについて教えてください
(1) 弁理士は、法律上の守秘義務を負っています(弁理士法第30条,77条)。フィラー特許事務所にお問い合わせいただいた方のご了解を得ないで、住所、氏名、事業内容、事業計画といった事項を第三者に漏らすことはありませんので、安心してご相談ください。
(2) 必要に応じて法律事務所や税理士事務所をはじめ他の関係士業の先生方と協力して対応を検討する場合がございますが、その場合は必ず事前にご連絡をいたします。
(3) ご希望に応じてフィラー特許事務所から各種案内の送付を電子メールで行う場合がございます。この場合も、外部サービスは利用せずフィラー特許事務所の責任で送信いたします。
(4) 講座・セミナー類の販売は、STORESのサービスを利用しています。販売に関するプライバシーポリシーは、フィラー特許事務所のストア内でご確認いただけます。
(5) 個人情報の入力・ファイル類の提供は、情報セキュリティ保護の観点からフォーム類の独自実装を行わず、Googleフォーム及びOneDrive、iCloudDriveによるファイル共有サービスを利用しています。

登録商標の表記について
FaceTime、Zoom、Teamsのサービスは、それぞれアップル インコーポレイテッド、Zoom Video Communications, Inc.、Microsoft Corporationの登録商標です。

おわりに

 知的財産戦略は1ヶ月や2ヶ月ですぐに結果が出るものではありません。長年の使用と一貫したブレのないキャラクター作りによって醸造されるあなただけの財産となるものです。ご自身の事業を自分自身の分身のように大切に育てていきたいという方は、ぜひあなたの事業に知的財産戦略を取り入れてみてください。
 きっと、あなただけではなくあなたのお客様にとっても愛される、かけがえのないブランドが作られていくことになるはずです。

フィラー特許事務所
弁理士 中川真人