フィラー特許事務所のひとまとめパック|事業立ち上げ編

フィラー特許事務所のひとまとめパック|事業立ち上げ編

この記事の最終更新日は2021/10/6です

36時間分の個別相談と特許出願1出願・商標登録出願3出願までをわかりやすいパック料金で

成長し切った企業の土俵に今日誕生した企業があがったら


 起業は2017年あたりから働き方改革とともに起業文化の遅れた我が国産業を鼓舞するため、ここ数年で急速な支援制度の拡充がされました。みなさんも、新しいアイデアを形にして新しい商品・サービスをローンチして社会をより良くしたいと考えられたことは何度もあるはずです。
 しかし、高度に産業が発達している今日では、昔のように「みんなが平等に切磋琢磨し競い合う」という環境にはなっていません。既に市場にはそこの成功者がいて、潤沢な資金と人材を有している「成長し切った企業」と、今まさにこれから新しいアイデアで事業を始めようとする「今日誕生した企業」が、同じ土俵で初日から対戦を強いられるのです。
 さらに、あなたの財産である「新しいアイデア」は、そのままでは守ることができません。日本の法律では「アイデアそのもの」を財産とは認めていないため、あなたのアイデアを知った成長し切った企業が、金に物を言わせてさっさと事業化に成功させてしまえば、あなたは「アイデアを盗まれた」ともいうこともできず、ただあなたのライバルになるべきだった成長し切った企業の事業運営に貢献したという功績が認められるだけで終わってしまうのです。

アイデア泥棒からあなたを守るのが知的財産権制度であり弁理士です


 これを防ぐのが、知的財産権制度です。新しいアイデアによる事業化の種を守るには、特許出願をしておかなければいけません。特許出願をしておけば、少なくともあなたにアイデアに「いいね!」と感じた成長し切った企業であっても、特許出願による牽制の効果というものが働いて、うかつにそのアイデアに手をつけづらくなります。
 場合によっては、あなたとの共同開発や共同事業化を打診することになるでしょう。この時も、あなた一人では交渉力の差で金銭的に買い叩かれる恐れがあります。これを防ぐのが、私たち弁理士です。弁理士は、知的財産権に関する業務を行うための国家資格者で、一般には特許、実用新案、意匠、商標に関する特許庁との手続の代理を行う専門家です。専門家があなたと成長し切った企業の間に入ることで、たとえ今日誕生した企業であるあなたであっても、成長し切った企業と同じ土俵で対等な交渉を行うことができるようになります。

多くの若手起業家の相談事例を基に生まれた全く新しい起業支援サービスをあなたに


 このような知的財産権制度を活用した起業支援はそもそも起業文化の遅れた我が国では、専門家である特許事務所であっても十分なノウハウを持ち合わせていないというのが実情です。特許出願の手続の助言に終始するとか、出願することのみを熱心に勧めるだけであったりとか、そのような苦情が実際に寄せられているという報告もあがっています。
 そこで、2021年8月18日に開業し、翌8月19日12時08分に営業がスタートしたおそらく名実ともに日本で最も新しい特許事務所であるフィラー特許事務所では、米国の起業文化のメソッドを日本の法律でも再現できるように再構成したオリジナルのノウハウであなたの起業を成功に導く「特許出願ひとまとめ起業パック」を開発し、いち早く事業化を達成したいあなたに向けてサービスの提供を開始しました。
 「特許出願ひとまとめ起業パック」は、フィラー特許事務所が開催している知財制度説明会などを通じて寄せられた本物の「現場の声」を抽出・分析し、本当に起業家の方の利益に資するサービスを厳選・構成して生まれた期待に応える、ニーズに即した、従来にないオリジナルのサービスです。

開発期間6ヶ月のプロジェクトを36時間分の法律相談とセットで一緒に事業化を果たしましょう


 「特許出願ひとまとめ起業パック」は、契約期間を最長6ヶ月とし36時間分の法律相談をセットでフィラー特許事務所と一緒に事業化を目指します。起業時はどんな細かな質問でもその都度確認したくなるものですし、臨機応変なサポートが必要となる機会が幾度となく訪れます。その際に、毎回アポイントメントを確認し、契約書を交わし、料金を支払ってという手続をしていては煩わしさに耐えかねません。起業家には、そんな煩雑な業務をこなしてくれる事務員などいないのです。そこで「特許出願ひとまとめ起業パック」では36時間分の法律相談をサービス内容に組み込み、最低でも週あたり90分は個別相談に対応できるようにいたしました。遠慮なく、そして何か疑問があればいち早く、フィラー特許事務所までご相談とご一報をください。そして、フィラー特許事務所と一緒に事業化を目指しましょう。

特許出願1件と商標登録出願を3件までをセットで


 そして、おそらくは特許出願を最低1件は事業権の確保のために行うこととなるでしょう。そして、認知度と知名度の獲得のため、最低でもハウスネームとファミリー/ペットネームの商標登録出願は必ず行うことになるでしょう。そこで「特許出願ひとまとめ起業パック」では、特許出願1件と、商標登録出願3件までをサービス内容に組み込みました。当然、中間処理費用の発生や追加の成功報酬の請求もありません。印紙代も、5万円まではフィラー特許事務所が負担します。これで、料金を気にすることなく複数の出願計画を立て、起業時から知財ミックス戦略を惜しみなく投入しましょう。

ピッチ作成から共同開発に関する契約までカバー


 特許出願が終われば、多くの起業家は営業を開始できるようになります。営業と認知度拡大に必要なピッチの作成方法や添削、そして信頼がおける共同開発者をみつけた時の特許を受ける権利に関する契約類のサポートまでを、フィラー特許事務所と同じようにこれからの産業を担うべき起業家を応援する弁護士との協力のもと、着実に行います。権利周りの明確性が上がれば、創業時からの大企業との連携も夢ではなくなります。

299,000円(税込)のポッキリ価格を経費処理の簡単なクレジットカード払いで(も)


 「特許出願ひとまとめ起業パック」は、これらを全て含めて299,000円(税込)のポッキリ価格でご提供します。そして、支払いには現金による銀行振込のほかに経費処理が簡単なクレジットカード決済にも対応させています。さらに、クレジットカード決済に限り月当たり49,900円の月払いもご利用いただけます。
 この「特許出願ひとまとめ起業パック」は、工数の関係上2022年3月31日までの受任件数を最大10件までに制限させていただいています。お早めのご決断をお勧めいたします。詳しくは下のGoogleフォームからお問い合わせください。

万が一の返金対応


 開発期間6ヶ月の間に、特許出願を断念される場合は料金の2/3を6ヶ月満了時に現金で返還いたします。途中で計画を変更される場合であってもフィラー特許事務所の裁量で最適な解決策を一緒に考えて対応させていただくことが可能です。ご安心ください。