タイトル画像

フィラー特許事務所の知財経営ゼミナールで事業の可能性を広げよう


知財で事業を強くしたい経営者の皆様へ

知財戦略は単に特許出願をすることではありません

もし、貴社の製品コンセプトが今までよりもずっと明確になり、顧客への認知度が拡大し、他の商品までどんどん売れるようになったら。そしてそれを、システマティックに、一回きりのキャンペーンに終わらず、継続して拡販活動に貢献する仕組みづくりを既にある貴社のリソースで作ることができたら。

それらを可能にするのが、知的財産戦略です。知的財産戦略とは、単に特許出願をして特許を受けて、商標登録出願をして商標登録を受けるといった作業のことではありません。これらはあえて言えば知的財産戦略を実行するための道具にすぎず、知的財産戦術といった方が正しいかもしれません。例えば、漁師が素晴らしい網を用意することは漁業における戦術です。そして、魚の群れの流れを読み、網を投げる適切な場所とタイミングを図ることが漁業における戦略です。同じように、事業のために素晴らしい権利を用意することは知的財産戦術です。そして、マーケットの流れを読み、その権利をどのターゲットに向けて、どのタイミングで貴社の製品やサービスを投入するか、その判断を行うのが知的財産戦略です。

市場の独占を狙う知財戦略の終わり

フィラー特許事務所は、JR大阪駅を真上から見て左下の西梅田エリアにあるオフィスビル、ヒルトンプラザウエストオフィスタワーの19階にある特許事務所です。フィラー特許事務所では、今まで特許事務所があまり重視してこなかった知的財産戦略の手順指示を、貴社の事業貢献に資する形で提供することをサービスの基軸にした新しいタイプの特許事務所です。

従来、特許事務所は知的財産戦術と言える特許出願や商標登録出願の代理を引き受けて、貴社の事業のために素晴らしい権利を用意することを主な役割として活動してきました。あくまで、その使い方を考えて事業に活かすのは経営者である皆様の仕事で、特許事務所はそれをサポートする裏方であると言う認識が少なからず存在していました。しかし、市場の成熟とIT技術の発展に伴い、従来の「特許で市場を独占し利益を独り占めする」という一般的な知財戦略は必ずしも有効なものではなくなってきています。

新しい知財戦略活用の糸口にフィラー特許事務所のメソッドを

そこで、フィラー特許事務所では知財の本場である米国のメソッドをふんだんに取り入れた新しい知財戦略の提供を行うために、経営者のための知財経営ガイドとして、この「フィラー特許事務所の知財経営ゼミナール」を開設しました。フィラー特許事務所の知財経営ゼミナールでは、最新の知的財産戦略の概要を法律の知識を必要としないわかりやすく平易な文章で、貴社の事業貢献に資する仕事をさせていただきます。

この、新しい知財戦略を取り入れた知財経営にご興味のある方は、ぜひフィラー特許事務所までご連絡ください。貴社の事業特性に応じた一般論ではない貴社だけに最適化されたアドバイスをさせていただきます。まずは、フィラー特許事務所の知財経営ゼミナールのコンテンツで、新しい知財戦略の概要とフィラー特許事務所の雰囲気を掴んでください。

顧問契約の案内


シラバス

起業ノウハウ起業ノウハウ

起業時からあらかじめ知財戦略を事業計画に組み込んでおき、出資者や開発者の協力を得やすくするノウハウをご紹介します。

知財ミックス知財ミックス

一社で全てを賄うのではなく、自社の強みを生かし自社の弱みを他社に埋めてもらう新しい知財戦略の活用方法を紹介します。

ブランド構築ブランド構築

センスや感覚に任せるのではなく、法律に定められた再現可能な手順で出所表示能力を高めるブランド構築方法を解説します。

知財トラブル知財トラブル

事業を営む以上トラブルは避けては通れません。もしもの場合に備え初動を間違えないための基本的な考え方をご説明します。

知財を知る

コーポレートサイトフィラー特許事務所|コーポレートサイト


フィラー特許事務所のコーポレートサイトです。フィラー特許事務所が提供しているサービスの紹介をしていますので、ご興味のある方はぜひご覧になっていってください。

コーポレートサイトリンク

NOTEへのリンクnote


知的財産法の仕組みや活用方法に加え、海外で知財戦略の考え方や今後の知財戦略の展望などを一般の方にわかりやすいように文章で紹介しています。

InstagramへのリンクInstagram


ハンドメイド作品の創作や販売でトラブルを未然に防止し自分だけのブランドを構築していくために必要な知識を画像と動画の両方で紹介しています。

STORESへのリンクSTORES


フィラー特許事務所オリジナルの知的財産法の仕組みや活用方法、ブランド構築のノウハウなどを解説したテキスト類の販売をしているECサイトです。



フィラー特許事務所の4つの約束

最新の知財戦略に基づいたアドバイスをします

我が国の知的財産戦略は、製造業を中心とした1970年代の高度経済成長期をモデルに発展していきました。

しかし、IT技術の発展と科学技術の基本的な技術水準が全体的に向上したことで事業者間の技術格差が縮小し他社との差別化が難しくなってくるコモディティ化の進行に伴い、従来の製造業をモデルとした特許権による単純な市場の独占を目指す経営戦略は必ずしも有効なものではなくなっています。

そこで、フィラー特許事務所ではコモディティ化の時代に即した他社との連携を基軸とする最新の知財戦略を提案します。

今この段階で役に立つ知財戦略を提案します

特許権をはじめ産業財産権は権利取得までに数年を要するため、知的財産戦略は中長期的な経営戦略を描ける大規模な法人等でなければ有効に活用できないという実情がありました。

しかし、コモディティ化の進行した現代ではより機敏かつ即効的に活用できる新しい知的財産戦略が活用されるようになり、事業規模にかかわらず知的財産戦略を事業に取り入れることが容易になってきました。

そこで、フィラー特許事務所では数年後の権利化だけに拘らない今この段階で役に立つ知財戦略を、貴社の事業特性に応じて提案します。

特許事務所ではなく御社の事業貢献に資する提案を行います

当然のことではありますが、フィラー特許事務所ではフィラー特許事務所ではなく貴社の事業貢献に資する提案を行います。

近年、特許出願は量よりも質が重視されるようになり、コロナ禍の影響もあって今後はより実効性のある知財戦略を実践しなければ、十分な投資効果が得られなくなることが予想されます。

そこで、フィラー特許事務所では貴社の事業貢献に資することを最優先に考え、フィラー特許事務所の提案した知財戦略によって得られた貴社の投資対効果に基づいて、継続的な関係性を築いていこうと考えています。

適切な制度説明・手順指示を行います

大企業を始め知的財産制度に関する教育体制の整備が進み、特許事務所の業務負荷は以前より小さくなったと言われています。

しかし、依然として知的財産制度活用に関する情報発信は十分なものとは言えず、大企業との取引における初動の悪さが原因によるトラブルはむしろ増加傾向にあります。

そこで、フィラー特許事務所ではこのような企業間における情報の非対称性(格差)によるトラブルを未然に防止するため、知的財産法に関する適切な制度説明や手順指示を行い、第三者との安全な取引ができることをお約束します。


弁理士紹介

中川 真人(なかがわ まさと)

1980年  岡山県生まれ
2003年  神戸大学理学部化学科卒
2021年  令和2年度弁理士試験合格
2021年  弁理士登録
2021年  フィラー特許事務所開業

講義歴
2021年10月
神戸学院大学経営学部辻ゼミナール演習

略歴

複数のメーカーでスタートアップ事業の補助・参画を経験しつつ、2021年に令和2年度弁理士試験に合格。商品が売れやすく、多くの人に認知され、事業が拡大しやすいように、販売前からあらかじめ準備をしておくための知財戦略を推奨し、スタートアップ事業のサポート、知的財産活用の啓蒙活動を専門的に行うべく、弁理士登録と共に専用の特許事務所を開業。

自らもスタートアップ事業者として、事業の拡大と健全でフェアな競業秩序の維持・発展に貢献することを専門家としての使命としている。



事務所概要

  • 事務所名
    事務所名
    フィラー特許事務所

  • 代表者
    代表者
    中川 真人(弁理士)
    登録番号:22443

  • 設立
    設立
    2021年8月

  • 所在地
    所在地
    〒530-0001 大阪市北区梅田2−2−2
    ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階

  • 事業内容
    事業内容
    特許出願、意匠登録出願、商標登録出願の代理
    教材の販売、知識の教授
    知的財産活用に関する啓蒙、情報発信


コンタクト

アクセス アクセス

JR大阪駅、各線梅田駅から徒歩5分のヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階までお越しください。

→外部リンク:THE HILTON PLAZA

連絡方法 連絡方法
電話受付: 10:00~17:00(※土日祝除く)
06-6133-4241
オペレーターが対応いたしますのでお名前とご用件をお伝えください。電話の他に、
  • 電子メール
  • Teams
  • Zoom
  • FaceTime
をご利用いただけます。